« 開設 | トップページ | 株と住民基本台帳カードと公的個人認証サービス(1) »

ノートパソコン用の大容量ハードディスク(500GB)

ノートパソコン用のハードディスクは、2.5インチと言われるものですが、
現在、500GBの大容量のものが、パーツとして一般向けにも市販されています。
プラッタ(円盤)あたりの容量が大きいということは、円盤に、より密にデータが記録できるということで、
単位あたりのデータ量が増えるため、シーケンシャルリードに好影響を与えるとか。。

そこで、各社から出ている2.5インチ製品の型番とスペックをまとめておきます。
※なお全部が、今主流のシリアルATA(IDEは出て無い)
-----------------------------------------------------------------------------
No メーカー        型番            筐体厚 容量  回転数  プラッタ  バッファ容量
-----------------------------------------------------------------------------
1  Seagate         ST9500420ASG    9.5mm  500GB 7200rpm 250GBx2枚 16MB
2  Seagate         ST9500325AS     9.5mm  500GB 5400rpm 250GBx2枚  8MB
3  東芝            MK5055GSX       9.5mm  500GB 5400rpm 250GBx2枚  8MB
4  日立            HTS545050B9A300 9.5mm  500GB 5400rpm 250GBx2枚  8MB
5  Western Digital WD5000BEVT      9.5mm  500GB 5400rpm 250GBx2枚  8MB
6  サムスン        HM500LI         9.5mm  500GB 5400rpm 167GBx3枚  8MB
7  日立            HTS545050KTA300 12.5mm 500GB 5400rpm 不明GBx3枚 8MB

自分的には、No1はまだ他より値段が高い、
No6、No7は2.5インチで500GB化した初期モノ(といっても2008年)で、
その後の技術革新からやや見劣り
(プラッタ数が3枚、No7は厚み(今の標準は9.5mmで、パソコンの格納スペースもこれに
合わせてつくられていることが殆どとのこと)も注意。)
と感じますので、もし、これからノートパソコンを買うなら、
No2~5あたり(今日現在の市価は、どれも1万円しない位)が組み込まれていると、良いかなと思ってます。

(ノートパソコンってなんか遅い、その原因のひとつは、「デスクトップPCに比べて、
ハードディスクが遅いから。」とか言われたことありませんか?自分はあります。)

|

« 開設 | トップページ | 株と住民基本台帳カードと公的個人認証サービス(1) »

パソコン」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1171235/28118283

この記事へのトラックバック一覧です: ノートパソコン用の大容量ハードディスク(500GB):

« 開設 | トップページ | 株と住民基本台帳カードと公的個人認証サービス(1) »